環境への取り組み

TCFD提言への取り組み

気候変動問題は、持続可能な社会の実現のために人類が解決すべき重要な課題であり、気候変動への対応は企業にとって事業継続の前提条件であると考えています。
デクセリアルズは、TCFD提言の趣旨に賛同し、気候変動に対する経営上のリスクと機会への適時、適切な対応および情報開示を通じて持続可能な社会の実現に貢献していきます。
また、当社独自の製品・技術により新たな価値を提供することで、将来の世代に豊かな環境を残すための取り組みを推進し、ステークホルダーの皆さまとの共生をめざしていきます。

TCFD提言に基づく情報開示

ガバナンス

当社は、気候変動を重要な経営課題として位置づけ、持続可能な社会の実現に向けた活動を推進しています。
代表取締役をトップとするサステナビリティWGを定期的に開催し、重要課題に基づき設定した目標にかかる進捗等を部門横断的に議論しており、重要な事項は執行役員会・取締役会へ報告し指示を受けることとしています。

CSRマネジメント体制

戦略

当社は、2050年の長期的な時間軸でリスク・機会を特定し、2℃(1.5℃)および4℃のシナリオを考慮したシナリオ分析を実施しています。今後、シナリオ分析を踏まえ、リスク・機会への対応策や当社戦略のレジリエンスについて検討を進めるとともに、分析対象を他の製品へ拡大することで、全社戦略のさらなる充実を図っていきます。

リスクマネジメント

当社は、グループ全体のリスクを横断的に管理する機関としてリスクマネジメント委員会を設置しています。
経営上重要なリスクを定期的に特定し、特定されたリスクについて月次の執行役員会に報告しています。

指標と目標

当社は、CO2排出量を気候関連の評価指標と定め、2030年までに事業由来の電力消費によるCO2排出量ゼロの達成をめざしています。
さらにシナリオ分析を踏まえ、事業活動における温室効果ガスの削減などの長期的な気候変動の指標および目標を検討していきます。