1.概要

漏洩補修材「インフラエイド™」は、インフラ設備の保全・補修に特化した材料として開発した製品です。

UV硬化型シール材「UVS-1000C」

電気設備等の漏油の応急補修に最適な機能を持つシール材です。
設備の老朽化・劣化により油配管やフランジに発生した油漏れに、油を吸収しシール材と一体化することで、補修箇所と密着させます。
1秒以上のUV照射で瞬時に硬化することで、漏油を止め、新たな油道(油の通り道)の発生を防ぎます。

特長

多少の油膜があっても接着可能

シール材自体が油となじみ、油を取り込むことで
配管などの接着面にシール材が接触し、油面への接着を実現

塗布に最適な粘度設計

垂直面で垂れにくく、部品の隙間に入り込む流動性を実現

UV照射で短時間硬化

新たな油道の防止に効果的
エポキシ系補修材に比べ作業時間を大幅短縮

補修後の剥離も可能

はつりなど衝撃を加えることで剥離できる硬度設計

シール原理

デモンストレーション(動画)

使用例

漏油・油膜の完全除去が不可能で、これまで補修が難しかったインフラ設備で使用できます。
電気設備 ・電圧器(トランス)・分流器(シャント)
漏油箇所 ・フランジ ・CT-BOX ・ブラッシングセメンチング ・溶接部ピンボール

2.施工手順

下地処理
(ケレン)

1.劣化した塗膜・さびを除去、洗浄

漏油部を洗浄・脱脂
塗膜やサビは事前に除去しておく

塗布

2.シール材塗布

対象箇所にシール材を塗布

硬化

3.UV照射・硬化

すぐにUVを照射し硬化させる

重ね塗り

4.重ね塗り、硬化

2と3を繰り返し、シール材の層を2層以上重ねる

作業手順(動画)

施工のポイント(動画)

3.製品情報

仕様

型番 UVS-1000C
種類 1液UV硬化型アクリル
性状(硬化前/硬化後) 白色粘性液状/白色固体
各種素材の接着性※1 良好 ステンレス、鋳鉄、硬質塩化ビニル、アクリル(PMMA)、
ガラス、亜鉛めっき鋼、炭素鋼、真鍮、アルミ
劣る オレフィン系樹脂(PP、PE)
不良 シリコーン系樹脂、フッ素系樹脂
絶縁破壊電圧[KV/mm] ※2 52
保管期間(目安) 製造後2年(未開封・常温暗所保管)
正味量 200g
容器 フタ:PP 本体:PE
  • ※1 #1000ケレンあり
  • ※2 ASTM D149準拠

特性・試験データ

1.油面接着性

試料作成条件

被着材:ステンレス板(SUS304) #1000ケレン
シール材硬化物:UVS-1000C Φ6mm 厚さ1mm
シェアテストスピード:0.2mm/s
硬化条件:1J/cm2@ 365nm

絶縁油Aを含むヘキサン溶液にSUS板を浸漬。
取り出してヘキサンを乾燥させて油膜付きSUS板を作製。
油膜付きSUS板にシール材を塗布し、UV照射して硬化。
シェアテスターで硬化物を水平方向に引っ掻き、強度を測定。

試験結果
評価項目 結果
油面接着性
シェア強度
絶縁油A
濃度
0wt%
(油膜無)
8MPa
15wt% 6MPa

2.耐油性(硬化物吸油率)

評価項目 結果 備考
耐油性
硬化物吸油率
絶縁油A <0.5wt% JIS K7114準拠
菜種油
作動油

4.関連資料