デクセリアルズ株式会社

社員紹介

材料デバイス開発

柄木田 充宏

Karakita Mitsuhiro

専攻:電気工学
入社:2009年

安定した特性と信頼性を両立しながら

付加価値のある製品をつくり出していく

安定した特性と信頼性を両立しながら

付加価値のある製品を

つくり出していく

Why
Dexerials

開発から製造までを
一貫しておこなえる点に魅力を感じた

学生時代は半導体素子の一つである、熱電変換材料の性能向上とプロセス改善の研究をしていました。現在の業務と分野は異なりますが、材料を組み合わせて目標の性能を達成する点は同じです。私は自らテーマを考えて研究をおこなっていたので、テーマのつくり方は今の業務にも役立っていると感じています。また、実験結果から実験計画を組んでトライアンドエラーを繰り返し、目標を達成したという経験は現在の開発業務のベースにもなっています。大学では材料研究だけでなく、開発やプロセスの設計もおこなっていたため、どちらも活かせる材料メーカーに就職したいと考えていました。その中で、デクセリアルズは開発・製造・販売を一貫しておこなっており、製造と一緒に試作やプロセスも考えながら開発できる点に魅力を感じ、入社を決意しました。

My Value

常に最善の方法を考慮し、市場価値の
高い新製品の開発に取り組む

現在はディスプレイパネル実装用の異方性導電膜(ACF)の新製品の開発を担当しています。新製品の検討は、優先事項が案件によって異なるため個別に調整をおこないます。ディスプレイパネルはデザイントレンドの移り変わりが激しい業界です。お客さまが何を必要としているのかを常にキャッチアップして最善の方法をとることができるように心がけています。製品は安定して生産できることがとても大切です。自分で配合した試作品が製品として量産移行されるのは、何度経験しても嬉しいです。製品によってはスマートフォンなどの内部に組み込まれてしまい、実際に目にすることができないものもあります。しかし、画像が鮮明で耐久性に優れるディスプレイなど、お客さまの製品のセールスポイントに貢献でき、市場価値の高い製品をつくれたと実感できるのも仕事の醍醐味の一つです。

My work day

ある1日の流れ

My future,
My message

分野にとらわれず、
興味のあるものには飛び込んでみる

スマートフォンのフルスクリーン化や高精細、薄型化によって材料も高機能化が求められることが予想されます。今後も幅広いお客さまに使っていただけるような製品をつくっていきたいと考えています。そのためには、どのような仕様でも安定した特性と信頼性を得られるような製品を開発することが重要です。
就職活動を進めるうえで、業界や分野という概念にあまりとらわれず、まずは自分が好きなこと、興味があることに飛び込んでみてください。デクセリアルズには、どの分野でも成長できる環境が広がっています。実際に私も製品開発の下地があったわけではありません。実際に開発部門で仕事をはじめて、知識・経験値も増えて自身の活躍の幅も広がってきています。新しいことに躊躇せずに挑戦できる人は当社で活躍できると思います。

Index

社員一覧

Index

社員一覧