デクセリアルズ株式会社

社員紹介

材料デバイス開発

久保 佑介

Kubo Yusuke

専攻:電気電子工学科
入社:2007年

誰もやったことのない評価と発見で

独自の製品を開発していく

誰もやったことのない評価と発見で

独自の製品を

開発していく

Why
Dexerials

化学専攻とは違った、電気特性の
専門的な評価知識が活かせる職場

私は幼い頃から機械に興味があり、学生時代は半導体デバイス関連の研究をしていました。その中で現在の仕事に活かされている点は、当社は化学メーカーでありながら電気的な視点から製品を開発できることです。例えば化学を専攻されていた方は、材料の物理的特性の視点から評価する傾向がありますが、電気電子を専攻しているのであれば、電気特性の専門的な評価がおこなえるため、違う視点からアプローチすることができます。そのため、化学専攻の方とチームを組むと物理特性と電気特性の両方の視点から開発を進めることができます。
就職先をデクセリアルズに決めたのは、電子部品メーカーとして魅力的であることと、自分の強みを活かせる企業であるということが大きな理由です。開発品の電気的な評価をおこなう場合、自分が学んできたことが活かせると実感できることが多く、この会社に入社して良かったと感じています。

My Value

誰もやったことのない評価で
新しい発見をした時にやりがいを感じる

私は現在、熱伝導シートの開発をおこなっています。その中でも炭素材料を使い高熱伝導を実現することに加えて、電気的なノイズを抑制する機能がある製品の開発を主に担当しています。いまから1年ほど前に研究開発部門での基礎技術研究開発が終了したため、いまは実際に製品化していくことが主な役割です。また、他の開発メンバーのサポートとして高周波での材料物性評価、ノイズ測定、伝送測定などもおこなっています。
開発した品を量産移行する際は、試作レベルで実験室の設備で使えていた少量の材料が、大型の量産機では使用できないこともあります。また、同じ測定器や測定方法で評価しても同じ結果が出ないことがあるなど苦労することもあります。問題をさまざまな視点から分析して解決方法を導き出し、その中で新しい発見があった時に、非常にやりがいを感じます。

My work day

ある1日の流れ

My future,
My message

電気と化学を融合して世の中にない
新しい価値を創り出す

今後は、世の中にない新しいものや、より良い性能を持った製品を開発して量産化していきたいです。
デクセリアルズには個人の意見や考え方を尊重してもらえる働きやすい環境があります。やるべきことを指示されるのではなく、段階を踏みながら、自分の目標に向かって挑戦し続けることができます。そのため、新しいものを自由につくり出していきたいと考えている方と一緒に仕事をしたいと思っています。電子部品をつくるメーカーとして、電気的な思考は非常に重要になります。電気と化学がお互いに得意な業務を担いながら、相乗効果で新しい価値を生み出すことができると考えています。

Index

社員一覧

Index

社員一覧