デクセリアルズ株式会社

社員紹介

材料デバイス開発

江頭 桜太

Egashira Outa

専攻:応用科学
入社:2015年

最適なソリューションを提供することで、

お客さまの価値創造に貢献していく

最適なソリューションを

提供することで、

お客さまの価値創造に貢献していく

Why
Dexerials

企業との共同研究で得たスキルを
製品開発に活かす

大学時代は接着性高分子の研究していました。企業との共同研究をとおして、開発した材料が最終製品として市場に届くまでの過程を学びました。この研究で学んだ合成知識は、現在の業務において接合材料の選定や、接着のメカニズム、評価方法を理解するうえでとても役立っていますしお客さまと技術的な打合せをする際にも活かすことができています。
私が就職先を選ぶポイントにしていたことは、「大学の研究テーマを活かせる接着剤メーカーでプラスチック材料を取り扱っていること」と、「自分の開発した材料が最終製品の進化、革新に貢献できる分野であること」でした。そこで、ニッチな市場で最新の接着剤を取り扱っているデクセリアルズに魅力を感じました。また、企業ビジョンである「Value Matters 今までなかったものを。世界の価値になるものを。」が自分の信念と直結していると思い、入社を決めました。

My Value

製品の提供だけでなくお客さまと共に
技術課題を解決する

現在は、導通と絶縁の両機能を備えた異方性導電膜(ACF)を担当しています。これは、ディスプレイパネルの配線接続などに使用される製品です。その中で、狭小なスペースに使用できる粒子整列型異方性導電膜"アレイフィックス"の新規プロセス立ち上げに携わっています。具体的な業務内容はお客さまとの打ち合わせ内容から、開発スケジュールの決定、製造条件の洗い出し、試作品の評価をおこない、最終的には製造部門へ量産移管するためのシステム構築書を作成しています。他部門との連携も多く、仕事をスムーズに進行するために、お互いが尊重し合える人間関係をつくることに努めています。また、エンジニアの視点からお客さまに新しいソリューションの提案をするために積極的に営業同行をしています。基本的に私たちのお客さまは最終完成品メーカーではなく、それを組み立てるメーカーや部品メーカーです。そのためお客さまの工程改善やコスト削減に貢献できたときや、技術課題の解決策まで提供できたときには、材料を作るだけではないやりがいを感じます。

My work day

ある1日の流れ

My future,
My message

会社は「自己実現の場」
やりたいことができる会社を見つける

デクセリアルズの売り上げの半分以上は海外向けの製品です。これからは打合せで海外のお客さまと技術的な会話ができるよう英語力を高めていきたいと考えています。また、今後は開発から製造までの経験を活かし製造コストを抑えて高性能な材料開発を実現することが目標です。
最近の就職活動では、内定をもらいやすい企業を選ぶ学生が多いと聞いたことがあります。その結果、企業と学生の間にミスマッチが発生して悩みを抱えながら働くケースも増えているようです。それはとても残念なことです。私は会社を「自己実現の場」だと思っています。自ら学ぶ姿勢を持ち、自分がやりたいことを実現できる企業に就職してほしいです。デクセリアルズは業務の裁量権が幅広く、自由にやりたいことに挑戦できる職場です。自己実現の場として、みなさんの選択肢にデクセリアルズがあれば嬉しいです。

Index

社員一覧

Index

社員一覧