デクセリアルズ株式会社

社員紹介

材料デバイス開発

Y.T.

専攻:機械工学
入社:2015年度

アイディアと検証で、

不可能を可能にする方法を探し出す

アイディアと検証で、

不可能を可能にする方法を探し出す

Why
Dexerials

始まりから終わりまで、モノづくりのすべてに携われる

昔から、好奇心旺盛な性格でロボットや機械の仕組みに興味があったということもあり、大学では機械工学を専攻していました。ロボットの設計や流体力学、プログラミングなど、幅広い知識を学び、これらの知識が現在行っている業務の基礎になっていると思います。
自分の専門性を活かしたいと思い、就職活動ではメーカーを中心に応募をしていました。その中で参加したデクセリアルズの会社説明会で、生産技術の方から話を聞く機会があり、「小さな部品の一つひとつから、生産ラインそのものの設計まで携わることができる。」この言葉がデクセリアルズに興味を持ったきっかけです。分業中心のイメージが強いメーカーにおいて、ここまで広い範囲で裁量権を持って仕事をすることができる環境は他にはないと感じました。新しい価値を創り上げる醍醐味を味わいたいと思い、入社を決意しました。

My Value

これまでにない、新しい常識をつくり出す仕事

私の主な仕事は、光学弾性樹脂(SVR)を使用した、ディスプレイの貼り合わせプロセスの開発です。スマートフォンやPCなどのディスプレイは、従来は四角く平面のものが中心でしたが、現在は端に丸みを帯びていたり、表面に凹凸があるものも少なくありません。このような新しいディスプレイに対し、SVRをどう活用すれば、より美しく精細な映像を出すことができるか。その方法を考え、実際の製品化に向けたプロセス設計をしています。
プロセスの開発は、新しいアイデアを探求し、より良い結果を求めて実験を繰り返す毎日ですが、自分の努力の先に人々のより良い暮らしがあるのだと思うとやりがいがあります。

My work day

ある1日の流れ

My future,
My message

自分だけのアイディアで、自分にしかできない仕事に挑戦

今後は技術者としてのスキルを磨きながら、開発現場での経験を積んでいきたいと考えています。現在の職場では、私は一番の若手ですが、自由度も高く仕事ができています。この恵まれた環境を最大限に活かしながら、自分のアイデアで、世の中に新しい価値を提供できるようになれればうれしいです。
デクセリアルズは、若手やベテラン関係なく、誰でも新しいことに挑戦できる環境があります。だからこそ、失敗を恐れない、前向きな人に向いている会社だと思います。またこの仕事は、これまで経験してきた多くの事を活かすことができます。学ぶことだけでなく遊びもたくさん経験して、より深みのある人物像を目指していただきたいと思います。

Index

社員一覧

Index

社員一覧