デクセリアルズ株式会社

社員紹介

材料デバイス開発

原田 朋佳

Harada Tomoka

専攻:物理学
入社:2015年

高度な技術を駆使することで、

人々の生活に欠かせない製品を支えていく

高度な技術を駆使することで、

人々の生活に欠かせない

製品を支えていく

Why
Dexerials

物理的な思考を取り入れて
開発に携わる

学生時代は物理を専攻しており、光の散乱を利用して水に対して界面活性剤の濃度を変化させたときの動きを研究していました。現在は電子機器に使用されている接着剤の開発をしていますが、新しく開発した接着剤の液状の特性や硬化物の特性を評価する際に、学生時代に学んだ物理的な視点が活かされていると感じています。
就職活動では物理学を直接活かせる企業だけに絞らず、化粧品や洗剤メーカーなども候補にしていました。その中で、デクセリアルズの会社説明会に参加した際に、異方性導電膜(ACF)や光学弾性樹脂(SVR)といった高機能な材料を作っていることを知り、私も世の中の価値になる製品を作りたいと考えるようになりました。また、選考時にお会いした面接官の方や対応してくれた社員の方々のアットホームな人柄にも惹かれ、入社を決意しました。

My Value

技術力を高め、
難易度の高い特性に挑戦する

現在の主な業務は海外のお客さま向けのスマートフォンに使用される接着剤の開発をしています。具体的には、お客さまの要求を満たす性能の接着剤を作り上げるために、特性の考案・試作品作成・評価・性能確認をおこないます。できた試作品をお客さまに評価していただき、要求に達していなければ、改良し、日々トライアンドエラーを重ねていきます。
新しい製品を開発する場合はお客さまだけでなく製造や品質保証の部門などとも連携して業務を進めます。私が初めて新製品の立ち上げを担当した時は、他部門との連携に不安をもっていました。しかし、先輩のサポートに加え、私自身も各部門へ積極的に働きかけることにより無事に新製品を立ち上げることができました。私たちの製品の多くは直接皆さんの目に見えません。しかし、私たちの製品が使用されている高機能なスマートフォンが世の中に出たときには大きな達成感を感じます。今後も製品の進化とともに、今まで以上に難易度の高い製品特性が求められることが予想されます。私も自己研鑽を重ね技術力を高めていきたいと思います。

My work day

ある1日の流れ

My future,
My message

さまざまな企業と関わり、
興味を持てる企業に出会ってほしい

自分が将来にわたってやりがいを持てるような分野や企業に出会うためにも、大学の研究内容が直接活かせる仕事だけに絞らず、さまざまなことに興味を持つと良いと思います。できるだけ多くの企業説明会に行き、多くの選択肢から興味を持てる企業を選んでください。もしその中にデクセリアルズがあればとても嬉しいです。当社にはいろんなバックグラウンドを持っている社員がいます。新しく学べる技術の範囲も広く、刺激の多い楽しい毎日を過ごすことができると思います。

Index

社員一覧

Index

社員一覧