社会との関わり

健康経営

健康経営

健康経営宣言

デクセリアルズは「Integrity 誠心誠意・真摯であれ」を経営理念として掲げ、すべてのステークホルダーの信頼と期待に応えるとともに、社員一人ひとりが自分の持てる力を精一杯発揮できる企業であり続けることを目指しています。
その実現のためには、社員全員が心身ともに健康であることが必要不可欠と考えます。
今後デクセリアルズは、働き方改革を推進し、健康かつ安全に働くことで能力を発揮できる環境づくりと、デクセリアルズ健康保険組合と連携しながら、社員一人ひとりに寄り添った健康づくりに取り組みます。

健康経営5つの取り組み

  • 1.
    生活習慣病予防への取り組み
  • 2.
    メンタルヘルス対策への取り組み
  • 3.
    禁煙への取り組み
  • 4.
    中高年の健康への取り組み
  • 5.
    治療と仕事の両立への取り組み

健康経営推進組織体制

当社は、社長を健康経営最高責任者とした組織体制で、全社で健康経営を推進していきます。

健康経営推進組織体制

健康経営の推進

社員一人ひとりが心身ともに健康であることは、会社の健康につながり、ひいては経営理念の実現や企業価値向上につながります。当社では、健康管理室と健康保険組合が定例で健康管理事業推進委員会を開催し、連携して健康増進施策に取り組んでいます。
当社は、社員全体が少しずつ健康リスクの軽減を図るポピュレーションアプローチと、健康診断結果に基づいて高リスク社員への受診フォローアップ等を徹底するハイリスクアプローチの両面を通じて、社員の健康づくりを推進しています。
また、自社の健康増進に向けた取り組み状況の再確認と、健康増進が経営に与える影響などについて、外部の専門家も交えて社内でワークショップを開催し議論をおこなっており、健康経営に関する長期的なビジョンの確定と、ビジョンに基づく健康経営の実践に向けた具体的活動のロードマップ策定のための取り組みを加速させています。

健康増進に向けた取り組み

社員の健康維持・増進のために、健康管理室、健康保険組合、社員会、人事・総務などが連携し、さまざまな取り組みを実施しています。
毎年全社員を対象に実施している生活習慣改善意識調査では、年毎に「生活習慣改善実行率」が上昇しており、2020年度は社員の28%が継続した生活習慣改善を実行しています。
2020年度は、コロナ禍でも取り組んでいけるe-ラーニング・健保共催の健康づくりを開催し、延べ2,079名が参加しました。
今後も自らが健康を意識し、生活習慣改善活動を実行できる社員を増やすために、健康への意識を高めることを主眼に置いた活動を継続していきます。

交替勤務者対象睡眠調査

2020年度は、交替勤務社員の睡眠に着目し、全社交替勤務者を対象とした「睡眠調査」を実施しました。調査では、回答者の94%が「何かしらの睡眠課題を抱えている」との結果でした。調査後、希望者には睡眠改善プログラムを1か月間実施、参加者は、睡眠を可視化することで自身の睡眠傾向・課題を把握し、睡眠への意識が高まる傾向が見られました。

健康診断

労働安全衛生法にもとづく定期健康診断、特殊健康診断をはじめ過重労働対策の一環として超勤健康診断を実施しています。35歳以上の希望者は全員人間ドックを受診でき、生活習慣病の早期発見・予防に繋がっています。
産業医は全社員の健康診断結果を確認し、有所見者へは産業医と保健師が個別面談や受診勧奨などのフォローアップを実施しています。その他、健康保険組合と連携し、歯科健康診断を毎年社内にて実施しており、歯科医による検診、ブラッシング指導を通じて、社員の口腔内疾病の早期発見・早期予防に繋げています。

デクセリアルズウォークと健診前チャレンジ

運動習慣や生活習慣改善を意識づける健康イベントを健保組合と連携し、年2回継続的に実施しています。
前年に続き2020年度も参加者が1ヵ月間ウォーキングの歩数を競い合うイベント、デクセリアルズウォークを開催しました。期間終了後も引き続きウォーキングを実施したいとの声が寄せられ、希望者には1か月間の期間延長を実施。社員自ら生活習慣改善に取り組む意識の高まりが見られました。

メンタルヘルスの重視・ストレスチェックから改善活動へ

メンタルヘルス対策の重要性がますます高まるなか、セルフケア・ラインケア、産業保健スタッフによる面接支援などをきめ細やかに実施し、社員のメンタルヘルス対策、復職支援、職場環境改善への取り組みをおこなっています。
今後はリモートワークが進む中、新たに発生する課題にも目を向け、コミュニケーションに重点を置いた対策を実施していきます。

ストレスチェック

労働安全衛生法改正にもとづき、2016年度より全社員を対象にストレスチェックを開始しました。ストレスチェックを通して社員個々のストレスへの気付きと対処を実施するとともに、集団分析結果を産業医が安全衛生委員会にて周知しています。さらに、課題が見られた職場への対応を重視して、人事、産業保健スタッフ・職場の上司が連携して対応策の協議、実行、変化の観察とPDCAを回しています。今後さらに詳細な分析から問題点を把握し、職場改善に繋げ、働きやすい職場づくりを目指していきます。

メンタルヘルス講習会

全管理職社員に対し、管理職に重要な健康関連法規と安全配慮義務、メンタルヘルスにおける管理職社員の役割に関して産業医による講習会を毎年開催しています。
また、心の健康管理や不調の早期発見は、管理職だけではなく職場のリーダーにとっても必須の知識ととらえ、2019年度よりメンタルヘルス・マネジメント検定試験(Ⅱ種ラインケアコース)を中堅社員の昇格要件に加えました。

メンタルヘルス講習会

社外カウンセリング

社員が悩みを抱え込まず、より早く相談できる体制づくりのため、社外にも無料カウンセリング室を設けています。産業医、保健師、臨床心理士など、さまざまな相談体制を整え、厚生労働省の「労働者の心の健康保持増進のための指針」で示されている「4つのケア(セルフケア、ラインケア、事業場内保健スタッフなどによるケア、事業場外資源によるケア)」を推進しています。

禁煙活動

屋内禁煙や喫煙時間の設定など、環境面からの禁煙活動を進めるとともに、禁煙意志のある社員に対し健康保険組合と連携し、禁煙サポート活動を実施しています。2018年度は禁煙外来通院による禁煙プログラム利用者に対し、全額補助金を支給することで、参加者の80%が禁煙を達成しました。また、定期的に安全衛生委員会等で産業医によるたばこと健康に関する講話を実施し、世界禁煙デーに合わせた血流測定や禁煙啓発を行っています。
今後も社員の健康増進を目指し、禁煙活動を継続します。

デクセリアルズ社員の喫煙率推移

健康づくり支援

社員食堂での昼食は、社員にとって憩いの時間であるとともに健康づくりの基本である大切な食事をささえる場でもあります。各事業所の社員食堂では、社員の健康づくりのためにヘルシーメニューを導入し、低カロリーで栄養バランスのとれたメニューの提供と、食堂テーブル上のPOPや掲示などを通して健康に関する情報を提供しています。

また、各事業所にて食堂運営会社とタイアップし、各種健康イベント・健康教室を開催しています。 健康イベントでは、血流測定、骨密度測定、簡単ロコモチェック等を通して自分の健康状態を把握し、日ごろの生活習慣を見直すきっかけづくりとなる取り組みを実施しています。
また、健康保険組合と連携して、社員が楽しく健康増進活動に取り組むために、「ライザップ健康セミナー」を開催しています。なかだ事業所では毎月ヨガ教室を開催し、健康の保持増進を目指しています。
さらに、社員のみならずご家族も対象にしたヘルシーチャレンジを健康保険組合と連携して実施しています。ウォーキングや禁煙、減量、子どもの手洗い・うがいなど、家族も交えた生活習慣・健康づくりを支援しています。

健康イベント

健康イベント

ライザップ健康セミナー

ライザップ健康セミナー

社内リフレッシュスペース

社員がいきいきと働ける会社であること、そして自らの健康に関心を持ち、ともに成長していけるような環境づくりや仕組みを整備するために、リフレッシュや軽めの運動をおこなえるスペースを各事業所に設置しています。