排水処理剤(無機排水用)

排水処理剤(無機排水用)

凝結・凝集・脱水促進の3つの機能を持つ排水処理剤(無機排水用)。

  • 型番
    SC-A510
  • 特長
    • 植物成分により、優れた凝結・凝集・脱水促進性能を実現。
    • 植物から得られる水溶性高分子により、優れた凝結・凝集性能を発揮し、無機凝集剤や中和剤の使用量の削減に貢献。
    • 汚泥の大半を占める無機凝集剤や中和剤の使用量を減らせるため、汚泥廃棄量の削減に貢献。
    • 植物の繊維構造により通水性を発揮することで、脱水時間を短縮、汚泥処理コストの削減に貢献。

製品一覧表

仕様

型番 SC-A510
主成分 植物(インド麻のなかま)とアニオン系水溶性高分子
外観(色) 顆粒(茶褐色)
対応排水 フッ素イオン排水系
対象無機イオン フッ素(F)
イオン性 アニオン
荷姿 5kg/袋、15kg/袋
<推奨使用条件>
・一般の高分子凝集剤と同様に本製品の溶解液を、処理したい排水に添加します。
※最適な添加量は排水の種類・濃度などにより異なりますが、固形分として3~10mg/L程度が目安となります。

<参考: 溶解方法>
・以下の濃度になるように本製品を水で溶解します。
 溶解水に純水を使用する場合:    0.1wt%
 溶解水に純水以外を使用する場合: 0.2wt%

※一般的な高分子凝集剤と同様に、溶解時は溶液を撹拌しながら、”だま”が生じないように少量ずつ投入します。
※不溶解成分である茶褐色の微粒子が浮遊しますが、そのままご使用ください。
  (汚泥の脱水性を向上させるために必要な物質です。)

半導体工場などの無機排水の処理に適す。

wpa_example01.jpg

・既存の排水設備をそのままご使用いただけます。
・無機凝集剤添加後に添加してください。
・植物由来の不溶解成分を含みますが、そのままご使用ください。

1.処理後のフッ素(F)イオン濃度範囲

試験条件

<プラント情報>
カテゴリー:半導体工場
対象イオン:フッ素(F)
排水量:1000トン/日
無機凝集剤:塩化カルシウム(CaCl2)、ポリ塩化アルミニウム(PAC)

wpa_sc_graph01.jpg

  • ※1ポリアクリルアミド:Polyacrylamide

2.汚泥排出量

wpa_sc_graph02.jpg

3.模擬排水を用いた凝結・凝集性能試験

試験条件

試験水 :フッ素(F)イオン含有水溶液 600mL
      (Fイオン濃度:500mg/L)
      塩化カルシウム水溶液 2.5ml
      (CaCl2濃度:35wt%)
PAC  :0.27mL(添加率100%時)
       (PAC濃度:10wt%)
pH :6~8
測定方法 : 吸光光度法(JIS K0102 34.1)

<Fイオン濃度 vs 無機凝集剤添加率> 
試験結果
wpa_sc_graph03.jpg
<透視度(SS※2) vs 無機凝集剤添加率> 
試験結果

wpa_sc_graph04.jpg

※2 浮遊物質:Suspended Solids

※イオン濃度(SS濃度)測定手順
(1)対象イオン含有水溶液 調製
(2)中和剤 添加
(3)無機凝集剤 添加
(4)PAM or SC 添加
(5)サンプリング
(6)イオン濃度(SS濃度)測定

ご注意

この特性データは、当社の実施した評価結果に基づくものですが、お客さまのご使用時の製品特性を保証するものではありません。ご使用の際は、実際に使用される装置および被着材での評価結果に基づき、使用条件を十分ご検討の上、ご使用いただきますようお願いいたします。

製品一覧表