光学弾性樹脂(SVR)

中・小型フラットパネルディスプレイ向け光学弾性樹脂(SVR)

モバイル機器や車載用ディスプレイ機器などの表示画面の高視認性・高コントラスト化に有効。

  • 型番
    SVR1150
  • 特長
    • エアギャップを樹脂で充填することで、高視認性・高コントラストを実現。また、パネルの薄型化に貢献。
    • 積算光量500mJ/cm2の速硬化タイプで、生産性向上に貢献。
    • 速硬化でありながら、低硬化収縮、低弾性率でLCDの表示ムラの低減に有効。
s_ico_03.gif  s_ico_svr2.gif

製品一覧表

仕様

型番 SVR1150
硬化条件 [mJ/cm2 ]※1 500
粘度 [mPa・s]※2 3,400
硬度 ※3 E12
屈折率 ※4 硬化物 1.48
硬化収縮率 [%] ※5 1.8
弾性率 [Pa] ※6 25°C 5.2 x 105
保管温度 [°C] 10~30
  • ※1メタルハライドランプ使用時。UV波長:365nm
  • ※2Rheo-meter @25°C
  • ※3Duromater (Code E)
  • ※4Abbe @25°C D線(589nm)
  • ※5Density meter
  • ※6DMS method:@1Hz
貼合プロセス
svr_tengou.jpg

スマートフォン、デジタルスチルカメラ、ノートPC、タブレットPCなどのエアギャップを持つ、中・小型ディスプレイパネルに適す。

【タッチパネルでの光学弾性樹脂使用例】

エアギャップ構造と光学弾性樹脂構造の違い

svr1100_data_01.jpg

ご注意

この特性データは、当社の実施した評価結果に基づくものですが、お客さまのご使用時の製品特性を保証するものではありません。ご使用の際は、実際に使用される装置および被着材での評価結果に基づき、使用条件を十分ご検討の上、ご使用いただきますようお願いいたします。

製品一覧表