接着剤

シリコーンゴム系自己消炎性接着剤

電気特性を持つ、電子・電気部品固定用。

  • 型番
    SC970
  • 特長
    • タックフリータイム10分以内で硬化する1液タイプ室温硬化型接着剤。
    • 電気絶縁性に優れる。
    • ゴム弾性を持ちながら、接着性を保持。
    • ラミネートチューブを使用しているので押し出し性が良く、糸引き・ダレがないので作業性に優れ、きれいな接着、放熱、シール、マウントが可能。
    • シロキサンガスの発生が少ない。

製品一覧表

仕様

型番 SC970
主成分 シリコーンゴム
性状 非流動性ペースト状
グレー
固形分(wt%) 97以上
比重 約1.6
タックフリータイム(23℃) 10分以内
容器 160gチューブ、333mlカートリッジ
保証期間(製造日基点) 9ヶ月間
  • UL認証取得File No.E63260 UL94 V-0(3.0mm)、UL94 V-1(1.0mm)

電気・電子部品の固定、電絶シール、マウントなどに適しています。

1.プリント基板、高電圧回路部品(フライバックトランスなど)、ハイブリットIC、各種センサーなどの電子部品の絶縁、防水、防塵、防振、気密の為のシール、マウント、接着。
2.各種コイルの封止。
3.リード線の固定。

・家庭用電気器具、通信機器、計測機器などの防水、防塵、防振のためのシール、マウント、接着。
・金属、ガラス、プラスチックなどの一般接着。

1.硬化速度

空気中の湿気によって硬化反応が進むため、作業時の環境湿度によって硬化の速度が変わります。また、硬化反応は空気と接触している表面から進むので、内部の硬化には時間がかかります。

試料作成条件

[内径25mm、深さ14mmのガラスシャーレに未硬化SC970を充填し、それぞれの温湿度環境下に一定時間放置し、硬化した膜の厚さを測定]

試験結果
graph_sc970_01.gif

2.各温度下のシロキサンガス発生量(参考)

試料作成条件
[GC-MSにより硬化後に加熱し、捕捉環状ジメチルシロキサンガスの発生量を測定し、 環状ジメチルシロキサンD3~D10をテトラデカン換算。]
試験結果

(ppm)

シロキサンガス発生量 型番 SC901 SC950 SC970
100℃ 1,104 1,901 253
150℃ 3,179 4,196 309

3.硬化物の物性

試料作成条件

硬化環境:23℃±5℃ 60%±20%RH x 7日間
引張速度:10mm/分

試験結果
型番 SC970
外観 ゴム状弾性体
硬さ JIS A 50
引張強さ(MPa) 2.3
伸び率(%) 150
熱伝導率(W/m・k) 0.7
絶縁抵抗(Ω)
くし型電極(導体間隔1.27cm)
1012以上
体積抵抗率(Ω・m) 2.0X1011
絶縁破壊電圧DC(kV/mm)JIS C2110 13以上
誘電率(ε) 1MHz JIS K6249 4以下
誘電正接(tanδ) 1MHz JIS K6249 0.01以下

4.各種被着材に対する接着特性(剪断強度)

試料作成条件

硬化環境:23℃±5℃ 60%±20%RH x 7日間
引張速度:10mm/分
[幅25mmの被着材に接着剤1mm厚を塗布、 被着材を10mmのオーバーラップを行った後、 10Nの印加荷重にて貼合。硬化後、サンプルを60℃または100℃雰囲気中に168時間静置]

試験結果

(N/cm2

剪断強度 被着材 型番
SC970
初期 エージング後 エージング条件
ポリスチレン/ポリスチレン 170 131 60℃ 168時間
ABS/ABS 201 267
PMMA/PMMA 186 187
PVC(硬質)/PVC(硬質) 194 151
フェノール/フェノール 199 193
ガラスエポキシ/ガラスエポキシ 226 234 100℃ 168時間
銅板 C1100P/C1100P 172 169
鋼板 SECC/SECC 152 174
アルミ A1050P/A1050P 130 150
アルミ A5052P/A5052P 151 182

5.硬度変化特性

試料作成条件

[23℃60%RH 60℃90%RH×7日硬化させた後、150℃の温度環境下でゴム状硬化物のショアー硬度変化を測定]

試験結果
graph_sc970_02.gif

6.電気特性(絶縁抵抗電圧)

試料作成条件

被着材:JIS Z3197 くし型電極(導体間隔 1mm)
接着剤厚:200μm
[初期23℃60%RH×7日硬化後、23℃60%RH、60℃90%RHおよび100℃それぞれ500時間、1000時間静置経過後、測定]

試験結果
(Ω)
表面抵抗 型番 時間 23℃ 60%RH 60℃ 90%RH 100℃
SC970 初期 5.0E+12 - -
500時間後 6.0E+12 6.8E+12 7.5E+13
1000時間後 6.0E+12 6.2E+12 7.0E+13

注意事項

ご使用の際には、安全データシート(SDS)に記載のある注意事項を事前にご確認の上、お使いいただきますようお願いいたします。

ご注意

この特性データは、当社の実施した評価結果に基づくものですが、お客さまのご使用時の製品特性を保証するものではありません。ご使用の際は、実際に使用される装置および被着材での評価結果に基づき、使用条件を十分ご検討の上、ご使用いただきますようお願いいたします。

製品一覧表