デクセリアルズ Now to Next

製品/技術/研究開発

デクセリアルズの開発を支える分析・解析ラボとは?

分析・解析ラボの概要

デクセリアルズでは、製品の開発・製造段階で見えてきた課題や品質課題に対して、分析・解析ラボを活用し、技術者が、高度な専門性と豊富な専門知識に基づき、最適な分析手法を活用することで、早期の課題解決に努めています。

分析・解析ラボの起源は、お客様へのサポート的な活動に端を発しています。私たちは、当社製品を使用するお客様の開発・製造過程で生じた課題をフィードバックいただき、それらを分析・解析して解決に向けて支援をおこなう、というサイクルを長年続けてきました。このなかで、課題の抽出やフィールドエンジニアリング的なニーズ把握のノウハウが蓄積され、今では、コーポレートR&D部門の中で、高度な専門性と豊富な製品知識を持つ約30名の技術者が、月平均600~700件の分析・解析依頼に迅速に対応しています。

また、当社のお客様の多くがグローバルに事業展開されており、それぞれの地域でお客様の課題に即応できるよう、当社では中国、韓国にエンジニアリング拠点を設置し、サブミクロン(1万分の1ミリ)単位で綿密に分析・解析ができる環境を整えています。さらに深く高度な分析が必要な課題に対しては、日本の栃木事業所内にある分析・解析ラボが支援しています。

デクセリアルズの分析・解析ラボの強み

当社の分析・解析ラボは、最新技術に裏付けされた高感度・高分解能を誇る各種の計測機器を数多く取り揃えています。そこに専門性を極めたプロフェッショナルの目や指が加わることで、多面的な角度で分析・解析を迅速に進めることができます。

分析・解析ラボへの依頼者は、実際に製品でトラブルを訴えてこられたお客様もあれば、当社内で基礎的な開発を進めている人、製造過程で何らかの現象を見た人などさまざまです。しかし、例えば自動車などの高い安全性が要求される領域で使われる製品であれば、事故につながりうる要因を早期に究明することは急務です。分析・解析ラボでは、そうした依頼内容の本質的な意味を認識した上で、依頼元であるお客様や開発チームに対して迅速にフィードバックを提供することを大切にしています。

フィードバックの早さに加えて、当社は、電極の接合といった微細な部分や、反射防止フィルムなどの表面や界面での分析を得意分野としており、その能力は、不具合が生じたときの原因を究明する際に発揮されます。こうした品質部分と直結した当社の分析・解析力は、きめ細やかなサンプルづくりや、工夫の凝らされた分析・解析レポートとともに、お客様からも高い評価を頂いています。

今後、製品がさらに高度化するに伴って、分析・解析の難易度も高まっていくことが予測されます。微視的な部分を得意とする当社の分析・解析力を、今後も当社の差別化ポイントとしてさらに強化すると同時に、社外での分析・解析に関する研究の情報収集や、適用するアプリケーションに応じた機械装置の導入検討など、引き続き幅広い領域での分析・解析の 応用力を高められるよう、努めていきます。