社会との関わり

株主・投資家とのコミュニケーション

透明性、信頼性の高い情報開示と誠実なコミュニケーションを通じて、中長期で株主価値の向上を目指します。

情報開示

当社は、株主や投資家のみなさまに対する適時・適切な開示が、意思決定の透明性、公平性の確保と実効的なコーポレート・ガバナンス機能を担保するとともに、当社に対する理解の促進や適正な市場評価などを通じて企業価値の向上に繋がると考えています。
このため、法令にもとづく開示だけでなく、ホームページでのIRサイトや株主通信など、さまざまな形で主体的な情報発信をおこない、透明性と信頼性の高い情報開示体制の構築に努めています。
また、利用者にわかりやすく、投資判断に有益な情報開示になるよう、資料での表現や記載方法に配慮するとともに、海外の株主・投資家のみなさまにとり、特に重要と思われる情報については英語版の資料を作成して開示するなどの対応をしています。

利益還元

株主総会

当社では定時株主総会の開催にあたり、招集通知の早期発送や情報の充実、和英資料のホームページへの掲載など、株主のみなさまに公平に情報を提供し、権利行使のための十分な情報と検討期間が確保できるようにしています。また、個人株主向けにはインターネット上の議決権行使サイト、機関投資家向けには議決権電子行使プラットフォームをそれぞれ採用し、議決権の電子行使を可能にするための環境づくりに努めています。

IR活動状況

2018年3月期におけるIR活動状況は以下の通りです。

活動 頻度 内容
アナリスト・国内外機関投資家との面談 217回 ・個別面談や電話会議を実施したほか、証券会社主催の投資家コンファレンスに参加
機関投資家・アナリスト向け説明会 4回 ・決算説明会 4回開催
個人投資家向け説明会 11回 ・IRイベントや投資セミナー、証券会社の支店において説明会を実施、延べ2,661名の個人投資家のみなさまがご参加
・さらなるコミュニケーションの充実に向けて、インターネット経由でのオンライン説明会を初めて開催
IR資料のホームページ掲載 随時 ・決算短信や補足資料をはじめとする開示資料、株主通信、有価証券(四半期)報告書、株主総会関連資料やIRイベントカレンダーなどを掲載
・個人投資家向けコンテンツとして、会社説明会、製品紹介、株主さまアンケート結果報告を新たに掲載