DEXERIALS

Value Matters 今までなかったものを。世界の価値になるものを。デクセリアルズ株式会社

Menu

検索

English
Simplified Chinese
Korean

接合関連材料

異方性導電膜(ACF)

両面テープ

片面テープ

接着剤

熱伝導シート

建築用ウインドーフィルム

電子部品材料

表面実装型ヒューズ

フェライトコア

スパッタリングターゲット

排水処理剤(無機排水用)

住宅建築用ウインドーフィルム

熱線再帰フィルム

熱線を上方に再帰させることで、室内と街路の熱環境を改善する熱線再帰※1フィルム アルビード。


型番選択



製品画像

Albeedo
型番 IRA2J700
特長
  • 内部の微細加工された山形の特殊な反射膜により、上方からの近赤外線(熱線)を上方に反射させ、地表に向かう熱線を低減する遮熱フィルム。
  • フィルムを貼らない窓ガラスに比べ、室内に侵入する近赤外線を約70%※2カット。また、紫外線も99.5%カット。
  • 可視光線透過率68%※3により、明るい室内を実現。
  • ガラス破片の飛散や落下防止に優れた効果を発揮。

※1 熱線再帰:上方から入射する熱線を上方に反射する機能を指しており、必ずしも光源に向かって反射するわけではありません。

※2 JIS A5759に準拠した全光線の日射透過率と日射反射率を基に、波長帯域780~2500nmの重価係数を積分したものを1として、近赤外線透過率と近赤外線反射率を計算し、近赤外線カット率として算出。フィルムを貼付したガラスの赤外線吸収による再放射も含んだ値。実測値:70.7%

※3 JIS A5759に準拠


製品構造

製品構造画像

仕様

型番 IRA2J700 備考
タイプ 内貼り専用
サイズ(幅×長さ) 1,200mm×30m
フィルムの厚み(µm) 140
接着力(N/25mm) > 10 JIS A5759
全入射近赤外線に対する
近赤外線上方反射率(%)※1
33
遮蔽係数※2 0.64 JIS A5759
日 射 反射率(%) 18 JIS A5759
透過率(%) 43 JIS A5759
吸収率(%) 39 JIS A5759
可視光線 反射率(%) 9 JIS A5759
透過率(%) 68 JIS A5759
紫外線透過率(%) ≦ 0.5 JIS A5759
熱貫流率(W/m2・K)※3 5.8 JIS A4710

上記値は、透明フロートガラス(厚さ3mm)に貼付した場合の実測値。
JIS A5759による光学特性は標準の入射角で測定。実際の太陽光は斜めから入射するため、光学特性は異なる場合がある。

※1 フィルムを鉛直に配置し、近赤外線を上方60度より入射した際に、水平面より上方に反射した近赤外線を測定し、 JIS A5759に基づく重価係数を掛けて算出。

※2 日差しの暑さを遮る効果を見る指標。

※3 フィルムを貼り付けた透明フロートガラスの断熱性能を見る指標。


使用例

オフィスやパブリックスペースなどの建物窓部の遮熱に適す。

特性・試験データ

1. 入射光に対する全反射特性および上方反射特性


試料作成条件
被着材: 透明フロート板ガラス
サイズ 縦 50mm×横 40mm×厚み 3mm
圧着方法: ドライ貼り
測定機器: 反射測定用積分球 (ラムダビジョン社)
測定条件: <光源>
ハロゲンランプ:12V150W
照射角:60度
<積分球>
外径:200mmΦ
開口率:約0.2%
  • [ドライ貼り。常温で24時間以上放置後、測定。]

試験結果

試験結果

試験結果

2. 屋内省エネ効果と屋外熱環境の改善イメージ


注意事項

■虹彩現象について

フィルムに対する室内の蛍光灯や太陽の光の当たり方によって、フィルム表面に虹色の模様(虹彩現象)が見えることがあります。これは、フィルムの表面にあるハードコート層での光の干渉によるもので、フィルムや施工の不具合によるものではありません。

■輝線について
フィルムに直射日光が当たると、フィルム上に右の写真のような明るい線(輝線)が見えることがあります。これは、フィルムの内部構造によるものであり、フィルムや施工の不具合によるものではありません。

■ダブルビジョンについて

日中、室内より屋外を見たときに、光の反射率の高い部分で(白色や銀色など)、像が二重に見えたり、虹が掛かっているように見えることがあります。また、夜間においても、屋外の照明が多重に見えたり、室内の照明が映り込む現象が見えることがあります。これは、フィルムの内部構造によるもので、フィルムや施工の不具合によるものではありません。

熱線再帰フィルム アルビードの施工方法、施工後のメンテナンスについては、下記マニュアルをご覧ください。
また、熱線再帰フィルム アルビードを貼ると、ガラスの日射熱吸収率が高まるためにガラスの「熱割れ」が発生する場合があります。施工前に必ずお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

ご注意
この特性データは、当社の実施した評価結果に基づくものですが、お客さまのご使用時の製品特性を保証するものではありません。ご使用の際は、実際に使用される装置および被着材での評価結果に基づき、使用条件を十分ご検討の上、ご使用いただきますようお願いいたします。