DEXERIALS

Value Matters 今までなかったものを。世界の価値になるものを。デクセリアルズ株式会社

Menu

検索

English
Simplified Chinese
Korean

トップメッセージ

トップメッセージ

報告書ダウンロード

報告書ダウンロード

ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

デクセリアルズグループ行動規範

資材調達

調達方針

グリーン調達

環境への取り組み

環境理念と基本方針

環境マネジメント体制

環境負荷の全体像

環境保全への4つの取り組み

ISO14001認証取得状況

環境対応製品

環境受賞履歴

植林活動

安全への取り組み

労働安全衛生・防災

社会との関わり

ステークホルダーとともに

トップメッセージ

新しい価値を創造し、人間社会と地球環境の豊かさと質の向上に貢献する会社であり続けます。

デクセリアルズを取り巻く事業環境

2015年度の当社を取り巻く経営環境は中国をはじめとする新興国経済の減速、コンシューマー向けIT機器市場の想定以上の成長鈍化、縮小により、異方性導電膜や光学弾性樹脂など主力製品の売り上げは堅調に推移したものの、全体の業績としては厳しいものとなりました。長期的には、当社のコア技術である材料技術とプロセス技術の組み合わせによって、グローバル市場で認められる付加価値の高い製品の開発を継続的に行っていくことを目指しており、世界規模で「社会に新しい価値を提供する機能性材料企業」と評価されるブランドを確立していきたいと考えています。
当社は、エレクトロニクス分野に加え、今後の成長を牽引する新しい事業領域として、自動車、通信・半導体、環境、ライフサイエンス分野に注力していきます。新規事業の立ち上げには時間がかかるかもしれませんが、近い将来、当社の成長に寄与することはもちろん、社会から必ず必要とされる製品として大きな期待を持って取り組んでいます。

理念とビジョンにもとづくCSRの推進

デクセリアルズの経営理念である「Integrity 誠心誠意・真摯であれ」という言葉は、CSRの考えにもつながっています。私は、企業として「Integrity」を維持し続けることこそ当社の社会的責任であり、いかに理念に沿った事業活動を展開していくかを常に考えています。また、この理念をグループ全社で広く共有するため、具体的な「行動規範」にまとめ上げ、さらに行動規範をベースに環境方針や品質方針などを定めています。
一方、企業ビジョン「Value Matters 今までなかったものを。世界の価値になるものを。」は、新しい価値の提供を通じて世の中に貢献しようとする当社の企業姿勢を明文化したものです。具体的には、これまでの事業を通して培った技術とノウハウを最大限に発揮し、価値ある製品の提供をすることで、さまざまな社会課題の解決に貢献していきたいと考えています。

当社の事業が解決できる社会課題

当社にとって、企業ビジョンの実現をささえる事業の柱のひとつになるもの、それが地球環境の保全に有用な製品を生み出すことです。例えば、熱線再帰フィルム「アルビード」は、太陽からの近赤外線(熱線)を上方に反射させ、地表に向かう熱線を低減することでヒートアイランド現象の緩和に資する製品です。事業拡大に寄与することはもちろんですが、人間社会と地球環境の豊かさと質の向上に貢献するという想いからビジネスを展開しています。
また、当社は石油化学物質を原料とする機能性材料メーカーとして、有限である化学原材料をいかに効率的に使うかを問われています。これに対しても、生産活動において発生する産業廃棄物量を減らすために、毎年、詳細なレビューを通じて課題の把握と対策の実施や進捗状況の確認など、持続可能な社会の実現に向けた取り組みを行っています。

※ 熱線再帰:
上方から入射する熱線を上方に反射する機能をさしており、必ずしも光源に向かって反射するわけではありません。

社会的責任を果たすための組織づくり

企業による不正会計やデータ偽装などの不祥事が報道されています。コンプライアンスとリスクマネジメントは、当社にとっても常に真摯に取り組まなくてはならい側面です。コンプライアンスでは、なによりも社会に対して透明性と客観性を持った経営と言葉どおりの行動をする有言実行が重要です。そのうえで、経営理念の「Integrity」に照らし合わせて組織が不正を起こしそうな方向に流れたらそれを正し、万が一起きてしまった場合は確実に報告させ、迅速に改善する。それを愚直に繰り返していくことが、トップにある私の役割であると考えています。