DEXERIALS

Value Matters 今までなかったものを。世界の価値になるものを。デクセリアルズ株式会社

Menu

検索

English
Simplified Chinese
Korean

トップメッセージ

トップメッセージ

報告書ダウンロード

報告書ダウンロード

ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

デクセリアルズグループ行動規範

資材調達

調達方針

グリーン調達

環境への取り組み

環境理念と基本方針

環境マネジメント体制

環境負荷の全体像

環境保全への4つの取り組み

ISO14001認証取得状況

環境対応製品

環境受賞履歴

植林活動

安全への取り組み

労働安全衛生・防災

社会との関わり

ステークホルダーとともに

植林活動

デクセリアルズグループでは、地域の緑化活動に力を入れています。栃木県の森づくり支援事業に積極的に参画し、森づくりを通じて、地域の生物多様性の保全に取り組んでいます。借り受けた土地を“創造の森”と命名し、5年間、社員とその家族により、間伐、下草狩りなどを行っていきます。また、NPO法人足尾に緑を育てる会が提唱する「足尾の山に100万本の木を植える」という趣旨に賛同し、育苗、植樹、草刈、間伐などの活動をしています。

企業の森づくり活動

鹿沼事業所
林野庁が推進している「企業の森づくり制度」に沿って2010年矢板市、2011年さくら市、2012年鹿沼市の各自治体などと協定を結び、社員と子供たちが森づくり(3箇所計4.23ha、各々自治体と5年間の協定締結)を行っております。これまでにカーボンオフセット94.47t-CO2 の証書をいただいています。毎月1回草刈、間伐、小路整理などを社員と一緒に行っています。
2016年3月をもって協定が終了した矢板市の創造の森は、活動をはじめた2010年からの5年間で、0.5haの土地に植えた1500本の木々も大きく成長しほぼ自立できる森となりました。現在は矢板市に返却し管理されています。

足尾に緑を取り戻す活動

鹿沼事業所
当社は2009年よりNPO法人足尾に緑を育てる会が提唱する「足尾の山に100万本の木を植える」という趣旨に賛同し、法人会員として育苗、植樹、草刈、間伐などの森づくりをお手伝いしています。足尾の森林の復旧は約100年前から続けられていますが、森に回復した場所はまだわずかです。森を取り戻すには多くの人々の継続的な活動が必要です。当社はさまざまな面からこの活動を支援しています。
2016年4月、同会が毎年開催している「春の足尾植樹デー」イベントに参加し、有志社員による運営のお手伝いをおこないました。2016年11月、当社2016年度新入社員29名が、研修の一環として足尾銅山で植樹活動をおこないました。当社は、社員が日本の公害の原点として知られる足尾銅山を実際に訪れ、公害による深刻な被害を目の当たりにすることが、企業として活動していく上での社会的責任を学ぶ貴重な機会になると考えています。当社は今後も、持続可能な社会の実現のため、環境保全活動に積極的に取り組んでいきます。